墓じまいをする人が増えている理由とは?分かりやすいメリット・デメリット

墓じまいをする人が増えている理由とは?

墓じまいとは、今あるお墓を更地にしてお寺の墓地管理者に返還する事を指します。最近では、お墓から離れた地域で生活をしていたり自分が亡くなった後にお墓を管理する人がいない等の「お墓を管理する事が難しくなった」事を理由に墓じまいをする人が増えています。

墓じまいメリットとは?

墓じまいをするメリットの1つとして「現在支払っているお墓の年間管理費の支払いが無くなる」が挙げられます。お墓を管理・維持しているお寺には毎年1万円~2万円程度の管理費を支払う必要がありますが、墓じまいをする事でその費用を無くす事が可能となります。また、墓じまいをする事で無縁墓になる心配もありません。自分が生活をしている地域のお寺に新しく遺骨を移せたり、合祀墓へ納めてもらったりする事が出来ます。中には海に散骨する方もいます。散骨は地域によって条例等がある場合もあるので事前に調べておいたり専門の業者に依頼する必要がある事に注意が必要です。

墓じまいのデメリットとは?

墓じまいを行う際には遺族の理解や了承が必要になるといったデメリットがあります。自分だけの都合で墓じまいを行うと親族関係が悪化してしまう恐れもあるのでしっかりと説得・了承を得る事も大切です。また、ある程度の費用も必要となります。墓石の撤去費用や離檀のためのお布施等が挙げられます。お墓の撤去には重機を使用しますが、重機が入りにくい場所にお墓がある場合には少し費用が高くなる事もあります。また、新しいお墓に遺骨を移す場合にはお墓を建てる費用の他にお布施が別途かかります。

近年の少子化や核家族化によりお墓の管理が出来なくなり、お墓の撤去やそれに伴う遺骨の移転・改装のことを墓じまいと言います。