2次元並びに3次元CADの相違及び3次元プリンターとの協働

CADは2次元並びに3次元の種類が存在します

CADにつきましては、2次元及び3次元のタイプがあります。具体的には、電子回路設計に対して利用するのは2次元CADそれから、建築並びに機械や、電子機器の筐体設計に利用するのは3次元CADになります。2次元に関しては縦及び横の2つの寸法だけ、3次元に於きましては2次元に対しまして高さがプラスされます。家屋の間取り図に関しては2次元、床から天井に至るまでの高さを把握したいケースでは3次元の図面が必要です。3次元のケースでは3方向の重要な情報が図に加味され立体図を作ることができます。製品づくりではCADを使用した開発がメインになっていますが、CADを活用するとオートマティックに算定してくれ、過去において設計した図面を水平展開出来るので開発に不可欠な存在と言えます。

3次元プリンターとの連携

金型に関しては、いわゆるモノ作りに絶対不可欠の存在になります。そして、3次元CADデータを活用する事によって金型の設計を簡単にしてくれます。近頃では、試作品を構築する場合に3次元CADデータを3次元プリンターを利用することによってアウトプットする事も可能になっており、3次元データの有効利用が多種多様なフィールドでとり行われています。3次元プリンターを活用すると試作品そのものを出力してくれる為、試作に向けた金型を作り上げる必要がない、完成形までのスケジュールを短縮することが可能、開発費用を下げられるといったアドバンテージがあります。

建物などの設計図を作る際、欠かせないのが設計専用ソフトのCADであり、水道工事で使用する配管図などに特化したものが水道CADです