製図の時間が大幅に短縮!幅広い分野で使われるCAD

手書きの製図からCADの時代へ

CADが出来るまでは製図版を使いながら作業員が線を引きながら行っていました。会社だと専門の製図室があって、そこで何人もの社員が時間をかけて、紙の製図を仕上げるという手間隙がかかることをしていました。パソコンが普及してから、CAD専門のソフトが出るようになって2次元用ソフトが登場しました。電化製品や車の工場などでパソコン版のCADを使う会社が多くなり、試作品作りにかかる時間が大幅に短縮されていき、工場の生産ラインへ乗せるまでの時間が短縮されました。それだけでも開発コストは低くなってきたのですが、3次元用ソフトが出てきてからは飛躍的に進化を遂げていきます。図形を回転させることで立体的に細部まで寸法を入れることができるようになったため、3Dプリンターにも応用されるようになってきました。3次元CADの出現によって街づくりのレイアウトやデザイン建築の現場でも使われるようになり、幅広い分野でCADが使われるようになりました。

手書き製図のメリットとデメリット

手書きの製図のメリットはイメージをしやすい所にあります。頭の中で作りたい物をイメージしていき、定規で寸法を測りながら製図を書くことで、モノ作りへの感覚を掴めるようになってきます。デメリットは、やはり時間がかかりすぎるという点です。寸法を間違えたり、修正を行うときは消しゴムで消して書き直すので手間がかかります。CADだと一瞬で寸法を変えることができて、ミスも減らせるので生産性を向上させることができるようになりました。

電気CADは電気設計に特化したCADで、電気工事の配線図面などCADを使用して設計することです。手書きで行われていた設計作業や作図などのミスが少なくなるため、作業効率が高められます。